Hirox

デジタルマイクロスコープならハイロックス

ハイロックスニュース : レーザー顕微鏡とデジタルマイクロスコープ

レーザー顕微鏡とデジタルマイクロスコープを
併用してみませんか?レーザー顕微鏡とデジタルマイクロスコープを
併用してみませんか?

レーザー顕微鏡は、レーザー光を対象物に照射し、その反射した光を検出することで観察します。可視光よりも短い波長のレーザー光を使うことで、より優れた分解能で観察することができます。電子顕微鏡と違い、真空状態にする必要はないので、自由度が高く、克つ光学顕微鏡より高解像度で観察したい場合、有効的です。しかし、下記のような困りごとが生じることも事実です。

デジタルマイクロスコープと併用することで、さらに観察・計測に於いて効率的に作業が進められます。
全国無料撮影キャンペーンも実施しておりますので、この機会にぜひ体感していただければ幸いです。

  • 1.大きい対象物を観察したい

    多くのレーザー顕微鏡はレンズ・カメラ部がスタンドに組み込まれているタイプが多いです。スタンドに載らない大きい対象物を観察したい時、デジタルマイクロスコープならば、フレキシブルなスタンドによって、大きい対象物でも観察可能です。

  • 2.障害物が邪魔して観たいポイントまでピントが届かない

    対象物の観察したいポイントの周囲に障害物があることで、対物レンズを近づけることができない。そんなときは作動距離が長いデジタルマイクロスコープでポイントを観察することができます。

  • 3.微妙な色の違いを観察したい

    • フレキ基板 40倍
    • 鉱石 350倍
    • 植物(グミのりん毛)1500倍

    ハイロックスのデジタルマイクロスコープは、レンズメーカーならではの光学技術で、ヒトが目で見た色と同じ色を表現します。鉱物の色、フラックスの変色、粒子異物判定などを色情報で判断できます。

  • 4.動画保存したい

    • 泡消毒液80倍   
    • 泡消毒液80倍 

    デジタルマイクロスコープは静止画記録だけでなく、動画記録も可能。対象物が変化していく様子や動いている対象物を記録するシーンでは、情報量の多い動画記録が有効的です。

  • アンケートキャンペーン
  • 全国無料撮影キャンペーン
  • お問い合わせ窓口

    フリーダイヤル

    0120-8169-03

    受付時間:平日9:00-17:30

  • Webからもお気軽に
    ご相談ください

  • 製品カタログや
    ソフトウェアの入手は

このページの先頭へ