Hirox

デジタルマイクロスコープならハイロックス

ハイロックスニュース : 光学顕微鏡とデジタルマイクロスコープ

より便利で汎用性の高い
デジタルマイクロスコープを併用してみませんか?より便利で汎用性の高い
デジタルマイクロスコープを併用してみませんか?

「拡大観察」において、光学顕微鏡は学校の実験室から企業の研究開発室、工場の検査室などまで様々なシーンで使用されています。発明から400年かけて確立された仕組みで、対象物、観察シーンに特化した様々なタイプの光学顕微鏡が多数あります。
しかし、その対象に特化し、様々なタイプがある中でも、下記のような困りごと、要望はございませんか。

デジタルマイクロスコープなら、光学顕微鏡ではできなかった観察方法をご提供することもでき、光学顕微鏡との併用でさらに効率的な「拡大観察」が進められます。全国無料撮影キャンペーンも実施しておりますので、この機会にぜひ体感していただければ幸いです。

  • 1.表面の凹凸が激しい対象物を観察したい

    • 観察ポイントの傍に障害物がある....
    • 観察ポイントが対象物の穴の中にある....

    デジタルマイクロスコープの作動距離*が長い特徴を活かし、表面の凹凸が激しい対象物の観察に対応します。フラットな対象物だけでなく、蓋をした状態のシャーレ内を観察するシーンでも簡単に観察できます。作動距離…対象物とレンズ先端の距離。

  • 2.対象物の全体像を把握しながら観察したい

    • 全体にピントがあった画像
    • 画像中央にだけピントが合った画像

    デジタルマイクロスコープのレンズは被写界深度*が深い点がポイントです。高倍率観察時に対象物表面に高低差がある場合でもピントがあうので、全体の把握が簡単です。被写界深度…高さ方向に対してピントの合う範囲

  • 3.観察だけでなく、計測・レポート作成もしたい

    ハイロックスのデジタルマイクロスコープはカメラ、レンズ、スタンド、ソフト全てがACS*により連動してます。レンズの観察倍率を自動認識し、計測・記録します。レポート作成機能も搭載しているので、1システムで全ての作業が完結できます。ACS…Auto Calibration Select(自動校正選択機能)

  • 4.画像を見ながら検証・ディスカッションしたい

    • 拡大観察画像を映し出しながらディスカッション中
    • 接眼レンズを覗いて観察中

    モニタに映し出すデジタルマイクロスコープは多人数での観察が可能です。同じ画を観ながらディスカッションできるので、意思疎通もスムーズにできます。

  • 5.対象物によって色んな観察がしたい

    • ハンディ観察
    • フリーアングル観察

    デジタルマイクロスコープはフレキシブルな観察を実現します。対象物が大きい場合は⇒ハンディ観察。様々な角度から観察したい場合⇒フリーアングル観察。

  • アンケートキャンペーン
  • 全国無料撮影キャンペーン
  • お問い合わせ窓口

    フリーダイヤル

    0120-8169-03

    受付時間:平日9:00-17:30

  • Webからもお気軽に
    ご相談ください

  • 製品カタログや
    ソフトウェアの入手は

このページの先頭へ